インプラント矯正

歯の治療中

歯に関する悩みは、虫歯だけではありません。
虫歯以外で特に悩んでいる人が多いのが、歯並びです。
歯並びが悪いと、様々な悪影響が出てきます。
例えば、歯ブラシが隅々まで届きにくく、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
また、食事のときにしっかり噛むことが出来なかったり、言葉の発音に影響が出ることもあります。
子供の場合、成長期に悪い歯並びを放置しておくと、顎の成長を妨げたり発育不良を起こすこともあります。
その他にも、歯並びが悪いことがコンプレックスとなり、思い切り笑うことが出来ない、という人もいます。
このような悩みは、ぜひ歯科医院で相談してみてください。
最近は歯科矯正の技術も発達してきており、比較的短期間で治療を終わらせられるケースも増えています。

最近の歯科矯正は、治療期間が短くなっているだけでなく、患者のニーズに合わせた様々な技術が開発されています。
歯並びを改善したいけれど、矯正装置が見えることに抵抗があり躊躇している人も少なくありません。
そんな声に応えて、日本で開発、実用化されたのが歯の裏側に装置を付ける手法です。
この方法であれば、口を大きく開けたときに少し装置が見える程度なので、周囲の人にほとんど気づかれず治療することが出来ます。
また、矯正治療では、装置を付けた直後から数日間、痛みを伴うことも多くあります。
この痛みを解決するために、特殊な金属を使った装置も開発されています。
この装置は、温度の変化によって歯の締め具合を調節することが出来、痛みを軽減することが可能です。
こういった見えない矯正方法や痛みを軽減する装置は、今後ますます普及することが予測されます。